自分好みのダイエット薬を探そう!

痩せるためのダイエット薬は数多くあり、痩せるための効果・作用も薬それぞれ違います。自分はどう痩せたいのかを基準に自分にあったダイエット薬でスレンダーなカラダを目指しましょう!

ダイエット薬を使った痩せる方法

ダイエット薬を使った痩せる方法には主に2つのアプローチがあります。
先ず1つ目が、ノヴァルティスファーマが製造販売するサノレックスを使用する方法です。
このダイエット薬は厚生労働省認可の食欲抑制薬で、脳内の食欲中枢に直接働きかけ、食べたい気持ちを抑えてくれるので空腹を感じにくくなります。
また、アドレナリン、ドーパミン、セロトニンなどによる再取り込みも抑える働きがあります。
作用は食欲を抑制する交感神経作用のアミンや覚せい剤・アンフェタミンに類似。
よって、食事量を減らすダイエット法とは違い、リバウンドしにくい特徴を持っています。
服用によって新陳代謝も上がるため、有酸素運動と組み合わせるとより効果的です。
サノレックスの働きからすると、食欲を我慢できずにダイエットを失敗したことがある方、食べ物に執着があり食べ物のことばかり考えてしまう方、ときどきドカ食いや貯め食いしてしまう方、夕食までの間に空腹が我慢できずに間食してしまう方、夕食後に夜食が必要な方に有効なだと考えられます。
2つ目のダイエット薬は、アメリカFDA認可のゼニカルです。
この薬はこれはサノレックスと違って、日本でまだ認可が下りていない薬でもありますが、今のところ薬被害の報告はなく、アメリカFDA(アメリカ食品医薬品局)の認可があるため安全であることは確かです。
食事に含まれる脂肪分を体内に吸収せずにそのまま体外に排出。
主成分のオルリスタットが肝臓に備わっている分解酵素のリパーゼの分解・吸収作用を抑制します。
先ほども述べたとおり、ゼニカルはあくまで脂肪の吸収阻害薬なので、食べた脂肪はそのまま排泄されますが、デンプンとタンパク質はしっかり吸収されることに注意が必要です。
これら2つのダイエットに共通して言えることは、これからの体重増加に対しての対策であることです。
したがって、既に体内にある脂肪を除去してくれるわけではありません。
体重の減量については適度な運動、特に有酸素運動が必要だといえます。

<人気のダイエット治療薬>
ビーファットはダイエット成功