痩せるためのダイエット薬は数多くあり、痩せるための効果・作用も薬それぞれ違います。自分はどう痩せたいのかを基準に自分にあったダイエット薬でスレンダーなカラダを目指しましょう!

自分好みのダイエット薬を探そう!の8月記事一覧

低糖質ダイエットのやり方とは

低糖質ダイエットとは、血糖値を上げる効果のある炭水化物などの食品の摂取量を制限することでダイエットする方法のことです。
もとは、糖尿病患者が医薬品を使用しなくても症状をコントロールするために考案された糖尿病食を基本にしており、ダイエット効果があることがわかったために人気を集めた食事療法です。

糖質の摂取量を制限することで血糖値の上昇を防ぎ、糖質を脂肪に変えるインシュリンというホルモンの分泌を抑制することができます。
インシュリンは、体内の血糖値を一定に保つために必要ですが、エネルギーとして使われなかった糖質は、中性脂肪に変わってしまうため、インシュリンの量が少なければ太りにくくなるのです。
低糖質によって体内への脂肪蓄積を防ぐことで、体は糖質ではなく、体脂肪をエネルギーとして燃焼するようになるため、痩せやすい体をつくることができます。

糖質は、お米やパン、麺類、根菜類、豆類、果実、乳製品などに多く含まれるため、低糖質ダイエットではこれらの食品の摂取を控えることが大前提になります。
食事制限は厳しいと思われがちですが、糖質を含まない肉や魚、海藻類、大豆製品などは食べることができる上、焼酎や糖質が含まれていないビールも飲むことができるので、糖質摂取だけ控えれば非常に簡単なダイエットと言えます。

ただ、炭水化物の摂取を制限すると、水分の摂取量も減ってしまう場合が多いので、低糖質ダイエットを実践している最中は、意識的に水分を多めに摂るようにすることが大切です。
人間が1日に必要とする水分摂取量は2リットルが適量と言われています。
夏場や汗で水分が多く失われてしまうため、普段より多めに水分を摂るように意識することが大切です。
水分の摂取方法は、一度に多量を摂るのではなく、喉が渇いたと感じる前に少量をこまめに摂ることが一番です。